Single Life-TVboard-

せまい空間を有効活用!一人暮らしでもおうち時間が充実する、オーダーメイド家具の魅力。

都内の出版社に勤務する土屋志織さんは、現在の自宅で一人暮らしを始めたのを機に、細田製作所でテレビ台を注文。「おうち時間を充実させたかった」と語る、オーダーメイドをする上でのこだわりを伺いました。

土屋さんは、今年の春に都内マンションで一人暮らしをスタート。天井が高く、料理好きにはうれしい、広いキッチンが決め手だったそう。「リビングは7畳しかありませんでしたが、四角いからか広く感じて。それもお気に入りポイントでした」。

 

とはいえ、ベッドやテーブルなど家具を置いてしまうとどうしてもせまくなってしまう。「コロナ禍での引っ越しだったので、おうち時間が増えるからこそ、ゆったりとした空間で過ごしたかったんです。そこで、収納スペースがある細長いテレビ台を探しましたが、なかなか見つからず…。理想のテレビ台を、細田製作所で作ってもらうことにしました」。

土屋さんがまずオーダーしたのは、リビングの端から端の3mにすっぽりはまるサイズ、ターンテーブルやレコード、雑誌、書籍が収納できる奥行きがあること。さらに、テレビ台の上で作業ができる空間も欲しいと伝えたそう。「しっかり収納したいけど、リビングの空間もほしいことを伝えたら、スライド式のテーブルを提案していただきました。予算10万円に収めたかったので、レコードや雑誌、書籍を収納する棚には扉をつけずに、あえて見せる収納にしたのもポイントです」。色は床にそろえて、ウォールナットという色味に。「万が一、また引っ越しをしたり気分が変わっても色が塗り替えられるよう、オイル塗装にしてもらいました」。

 

中央の棚は書類など見せたくない事務関係のもの、左側の棚には置きたかったターンテーブルやレコード、書籍を。「レコードや書籍のジャケットはおしゃれなので、結果的に見せる収納にしてよかったなと思います。取り出しやすいので実用性もばっちり」。

  写真201125_KS_00107)もいれる。

そして1番のお気に入りは、右側に取り付けたスライド式のテーブル。「作業するときは書類を床に置かずに済むので掃除がしやすいですし、常にきれいなお部屋の状態をキープできます。また友人を招いてごはん会をすることが多いのですが、人数が多いときはテーブルを90度にスライドさせて別のテーブルとつなげることも」。

実際に使ってみてどうですか?「細長いテレビ台のおかげで、せまい部屋を有効活用することができて満足しています。コンパクトに収納できるので、部屋がごちゃっとして見えないため、友人をよびやすいのもうれしい。リモート会議のときの背景を気にする心配もありません(笑)。理想以上の仕上がりは、やはりオーダーメイドならでは。お願いしてよかったなと思います」。

text:Moe Tokai

photo:Kayo Sekiguchi

```jsx ```